引越しの機会に家具の全面掃除

日常生活を送るには数多くの家具が必要ですね。私たちの生活を支える家具は、部屋の壁に沿って横に並べることが多いと思います。普段家具の面で目にするのは前面のみで、側面や裏面を見ることはないです。だから掃除をするのも前面あるいは天井のみで、他の面を掃除することはほとんどないと思います。掃除をしたいと思っても、手が届かないのだからどうすることもできないですね。

家具の側面や背面の汚れを気にすることはないので、日常生活で不快に思ったりすることはあまりないと思います。 ところが、引越しで家具を動かすとそこには、長年そこに暮らした証拠がうず高く積みあがっています。埃の量に目が丸くなってしまうでしょう。家具を一つ移動するたびに、家具と家具の隙間から埃が舞い上がると同時に、埃にまみれた面が顕になります。一つの家具の全面に手が届くという機会は引越しのときくらいでしょう。引越し少量

この機会にしっかりと全面に磨きをかけたいと思います。 新居の部屋に設置すれば、また隠れてしまうことになりますが、埃を綺麗に拭き取れば何となく気持ちいいものです。それに、埃を拭い去ってから新居にもっていかないと、折角の新居に旧居の埃を持込むことになってしまいます。数々の思い出はアルバムなどに整理することにして、埃を持込んでの思い出作りは控えるべきだと考えます。